エンジェル投資家による企業資金調達サイト エンジェルリスト

起業家募集案件 詳細

PROJECT

撮影機材特化型のシェアリングアプリ
案件NO 170 投資希望額 100~300万円 掲載日 2018/05/16
自己資金 10万円 対象地域 東京都 現在の企業成長ステージ スタートアップ期
[ 企業成長ステージとは? ]

【企業成長ステージとは】

(1)シード期 準備段階、構想段階の時期
(2)スタートアップ期 設立~軌道に乗り始めるまでの時期
(3)アーリー期 本格的な事業展開を行う時期
(4)ミドル期 事業が軌道に乗り売り上げが成長し始める時期
(5)レイター期 累積損失が解消されフリーキャッシュフローが黒字になる時期
※企業成長ステージの区分に対する評価には個人差があります。
あくまでも判断目安の一つとしてお考え下さい。

事業内容・目的

高価な撮影機材を普段あまり利用していない個人から損害保険もかけてレンタルができる。購入前の検討機種に触れる機会や、機材を実際に利用できる機会が生まれる。また使い方がわからない場合には、そこに個人のスキルシェアも加え付加価値(スキルシェア+モノシェア)とする。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000031895.html
事前受付登録者は500名を突破

貸し主は、趣味などで保有していても普段あまり利用してない機材をレンタルすることでの副収入を得ることができる。また、家電量販店のスタッフにどれがいいのか聞くよりも実際に欲しい、使ってみたい機材を使ってる方からのスキルを学ぶこともできる付加価値を提供

モックアップは完成済みです。


事業として成り立つ、成功すると思われる根拠

個人が保有している撮影機材特化のシェアリングプラットフォームに特化することで、パーソナルデータと保有機材のデータを弊社で保有することができる。また弊社オリジナルの損害保険を大手損保会社と作成。(訪日外国人が日本にいる個人から機材を借りても保険適用)

カメラメーカー、他のレンタルサービスや、シェアリングサービスでは持てないデータを集めることができる。登録しても借り手がつかない場合には、弊社がプッシュ通知で買い替え打診。買い取った機材をニーズのある世界の中古のカメラ市場へ展開。

SNSや個人のスキルや資格などプロフィールに登録し、データを解析することで、どういったカメラがどういった方々で貸し借りされているのか、機材保有者はどういった写真や映像を制作できるのかというデータを集めることが可能。

BtoCやBtoBtoCでレンタルしているとあくまでレンタルサービスのため、個人のスキルシェアまでを提供できない。個々が活躍する副業時代の中で撮影機材を持って活躍できる方を自社プラットフォーム内で発掘できる。

投資内訳

フルタイムエンジニア雇用費用や撮影機材各種の新機種の購入費用、広告費用

事業計画書等資料

資料1あり
※資料のダウンロードにはログインが必要になります。
ページトップへ