エンジェル投資家による起業資金調達サイト エンジェルリスト

起業家募集案件 詳細

PROJECT

夫婦二人三脚で企業いたしました
案件NO 310 投資希望額 100~300万円 掲載日 2019/04/04
自己資金 30万円 対象地域 全国 現在の企業成長ステージ スタートアップ期
[ 企業成長ステージとは? ]

【企業成長ステージとは】

(1)シード期 準備段階、構想段階の時期
(2)スタートアップ期 設立~軌道に乗り始めるまでの時期
(3)アーリー期 本格的な事業展開を行う時期
(4)ミドル期 事業が軌道に乗り売り上げが成長し始める時期
(5)レイター期 累積損失が解消されフリーキャッシュフローが黒字になる時期
※企業成長ステージの区分に対する評価には個人差があります。
あくまでも判断目安の一つとしてお考え下さい。

事業内容・目的

主人が十数年勤めた新築住宅の配管設備の会社を辞め、建退協の退職金(100万少々)を元手に独立いたしました。

もとの会社の下請けとして仕事をいただくことになっておりますが、新規開拓で別の工務店からも仕事をいただけるようになりました。

しかし、必要な工具や機材を揃えただけで、退職金の残りが30万となってしまいました。
今から材料費や重機のレンタルなどで支出が増えてくる予定ながら、請け負った工事代金が入ってくるのは竣工後の7月以降とかなり苦しい数ヵ月となります。

現在5月末までにいただいている着工軒数は15軒。
7~8月の竣工で300~400万ほどの収入となる見込みです。

投資でも融資でもかまいません。
8月以降は必ず返済ができます!!
金融機関は2軒まわりましたが、実績がないとのことでお借りできませんでした。
また他の銀行をまわる時間がないほどすでに現場がつまっています。

夫婦共々、今頑張り時だと思い一生懸命現場をこなしております。


事業として成り立つ、成功すると思われる根拠

元の会社の下請けをさせていただける上に、
新規開拓でつかまえた工務店さんから某有名住宅メーカーのたくさんの現場(新築住宅や新築アパート)が次々といただけており、また元の会社に勤めていた時にお世話になった住宅メーカーの現場監督さんより、仕事をまわせるように会社登録するようお話をいただいたりしていますし、

設備会社は沢山あれど、現場監督さんの求める融通の利く設備会社が少ないようで、そこをうまく切り盛りしていく術を前に在籍した会社で学んだからです

投資内訳

収入が安定する7月まで

材料費…月々50万~60万必要

重機のレンタル代…月々20万前後必要

これらを計算すると最低でも7月までに200万は必要となると考えております。


予想収益

新築一般住宅工事請負
1軒につき30~40万
新築アパート工事請負
1棟につき60~80万

今現在、8月竣工までのもので
住宅が11軒
アパートが1軒

7月~9月の収入が400万超を見込んでおり、
今年中では800~900万以上となるよう、できれば1千万を目標として頑張っております。

事業計画書等資料

添付資料はありません ※資料のダウンロードにはログインが必要になります。
ページトップへ