エンジェル投資家による起業資金調達サイト エンジェルリスト

起業家募集案件 詳細

PROJECT

ギャンブル性のあるサービスで、e-Sportsの盛り上がりを加速する
案件NO 442 投資希望額 3000~5000万円 掲載日 2020/07/09
自己資金 100万円 対象地域 全国 現在の企業成長ステージ シード期
[ 企業成長ステージとは? ]

【企業成長ステージとは】

(1)シード期 準備段階、構想段階の時期
(2)スタートアップ期 設立~軌道に乗り始めるまでの時期
(3)アーリー期 本格的な事業展開を行う時期
(4)ミドル期 事業が軌道に乗り売り上げが成長し始める時期
(5)レイター期 累積損失が解消されフリーキャッシュフローが黒字になる時期
※企業成長ステージの区分に対する評価には個人差があります。
あくまでも判断目安の一つとしてお考え下さい。

事業内容・目的

世界で今最も勢いのあるスポーツ、e-Sports。競技人口は野球やゴルフを超え、テニスに並ぶ1億人にまで到達いたしました。
その発展に深く関与していたのがベッティング(賭博)です。海外ではe-Sportsのベッティングサイトは一般的なもので、イギリスなどはギャンブリング協会がe-Sportsの規則を取りまとめ、韓国では大本のゲーム市場の5倍以上の市場がギャンブルサイトで動いており、ゲーム大国を陰から支えています。

日本は、当然ですが賭博法があり、e-Sportsはもちろん、そのほかどのような場合においても賭博は許されておりません。そこで弊社は、ギャンブル性を実現しつつ、賭博にならない手法を考え、これを利用したプラットフォームの作成に乗り出しました。
それがe-voteです。

e-voteでは、試合に対して、誰が勝つかの予想をし、正解すれば報酬を用意しています。ただし、金銭を賭けてこれを行うのではなく、参加者側は無償でこれに参加することが可能です。
配られる賞金は参加者から集めるのではなく、弊社で用意し、ここに広告を載せることにより、広告収入によって収益化します。
参加者から一切のお金を取らないため、賭博にはならず、参加者側もお手軽にギャンブル性を楽しむことが出来ます。
類似したビジネスモデルで行っている企業として、ピタコインがあげられ、同社の存在により、法的な問題がないことが分かります。

e-voteは、今まで難関とされてきた、e-Sports業界でのカジュアル層の取り込みも実現できるサービスです。
このプラットフォームをもって市場をさらに盛り上げ、e-Sportsのニューノーマルを創ります。

事業として成り立つ、成功すると思われる根拠

・e-Sports市場の将来性(年120%成長を続けており、海外市場の様子から、今後もさらなる発展が見込まれている)
・国内企業の注目度の高さ(大小問わず多くの企業が市場に参入している)
・現状、国内に主なe-Sportsコミュニティが存在しない点
・2022年に800万人になると言われている競技人口のうち、1割の80万人の登録で1億を超える売り上げを出せる見込みが立ったため

投資内訳

アプリ開発初期費用 1000万円
エンジニア、ビジネス、役員人件費 3000万円
大会賞金 100万円
大会参加者賞金 100万円
広告費 500万円
雑費 300万円

予想収益

2021/01 -¥5,351,791
2021/07 -¥6,979,660
2022/01 -¥8,773,630
2022/07 -¥8,751,896
2023/01 -¥4,752,654
2023/07 ¥15,186,670 単月黒字
2024/01 ¥19,095,295
2024/07 ¥21,356,523 リクープ
2025/01 ¥26,828,400
2025/07 ¥52,838,370 EXIT

事業計画書等資料

添付資料はありません ※資料のダウンロードにはログインが必要になります。
いいね! 面接希望

投票はログインをした状態でのみ可能です。
資料のダウンロードは「詳細希望」としてカウントされます。

ページトップへ