エンジェル投資家による起業資金調達サイト エンジェルリスト

起業家募集案件 詳細

PROJECT

【シード】CF機能搭載プレスリリースメディアの展開
案件NO 454 投資希望額 1000~3000万円 掲載日 2020/12/31
自己資金 280万円 対象地域 全国 現在の企業成長ステージ シード期
[ 企業成長ステージとは? ]

【企業成長ステージとは】

(1)シード期 準備段階、構想段階の時期
(2)スタートアップ期 設立~軌道に乗り始めるまでの時期
(3)アーリー期 本格的な事業展開を行う時期
(4)ミドル期 事業が軌道に乗り売り上げが成長し始める時期
(5)レイター期 累積損失が解消されフリーキャッシュフローが黒字になる時期
※企業成長ステージの区分に対する評価には個人差があります。
あくまでも判断目安の一つとしてお考え下さい。

事業内容・目的

弊社の理念である、未来で活躍する起業・人材の創出や地方創生を目的とし
「クラウドファンディング機能付きプレスリリースメディア」の構築・展開を実施します。
事業を行う上で、販管費は必ずと言っていいほどかかってくるものですがその中で大きな割合を占めるのが人件費と広告費です。
広告費も決して安くなく、資金力が乏しい創業期などには特に苦慮します。
PRについて、起業家・フリーランス・地方創生事業について特に力を入れた(特典をつけた)メディアを発足し後述のクラウドファンディング機能を搭載することで、PRと資本力増強・販路拡大を一手間で実施できるサービスを構築します。

成長したメディアは弊社事業やスポンサー様をはじめ様々な事業の起点となる他、地方創生に根強い地方公共入札案件の受注等で収益を伸ばしつつ地方創生に貢献することも視野に入れております。

事業として成り立つ、成功すると思われる根拠

詳しい事業計画や見積もりについてはご用意がありますので、実際にWEB等で打ち合わせの段階に入った際にご提供させていただければと思います。
【プレスリリースメディア】
プレスリリースについては、大規模な競合他社が存在しますがプレスリリース は通常予算に応じて複数媒体で配信します。特色をつけ、No.1ではなくオンリーワンを目指し配信先の一つとして選択肢に上がることができれば競合との摩擦は軽減されます。
また、オウンドメディアにクラウドファンディング機能を搭載したメディアを提供している競合はおらずエッジを効かせたビジネスモデルとすることが可能になります。

【クラウドファンディング】
クラウドファンディングは、国内市場規模は2020年でおよそ2000億円規模言われています。しかし、世界では11兆円と世界の凡そ2%ほどです。世界的に見てもまだまだ伸び代のある市場であり、コロナ禍で大きく業績を伸ばした業界であります。
しかしながら、現在のクラウドファンディングは当然ですが資本力がある個人や企業の案件、すでに著名な方(インフルエンサー)の案件に大きく集まる傾向が強くゴールに達することなく諦める方も多数おります。
我々においてはコンサルティングや他手段を通じ、案件の達成率を売りにしたサービスとすること、その為にはオウンドメディアとの相性が抜群によく相互に作用します。
事実、クラウドファンディングサイトでは大手プレスリリース 媒体へのリンクがあります。これらも拾うことができたら大きな収益獲得元となります。
また、メディア記事の掲載にかかる取材やコンサルティングを通じ我々のコミュニティを構築することも可能であり案件の掲載数が増えるごとに達成率を伸ばすことのできる仕組みを考案しています。

【課題】
・COOまたは値するコンサルタントのジョイン(折衝中)
・流動的に変化する需要に対応する為CTOのジョイン
・COO及びCTOを迎える為の資金リソース
・提携する報道機関との折衝(2名担当候補あり)
・シードステージ資金の調達

投資内訳

アーリーステージとシリーズAステージについては折衝予定のファンドが決まっております。(リレーション構築済み)
アーリーステージ折衝のタイミングは、システム開発後マネタイズが成功した段階を目安。
・アーリーステージ投資規模は10,000〜50,000千円
・シリーズAステージ投資規模は100,000 千円〜500,000千円
今回はシード期の出資を複数名募集いたします。
大変有難いことに当該ファンドマネージャーの方からは事業性及びCEOである私について評価いただいている状況です。
※出資が決まっているわけではありません。あくまで事業内容をプレゼンし、評価いただき打ち合わせをお約束しております。

【優先度高】当初より必要。開発期間4ヶ月ほど想定
・システム開発資金 8,500千円(概算見積もり有)
※初回は25%を前払い、納品時に残額支払い。
※システムは折衝中であり、減額の可能性あり。
【優先度中〜高】
・運営活動費(4ヶ月分)2,000千円
取材スタッフ人件費・旅費等
【優先度低】サービス開発後マネタイズ前
・COO報酬(半年分)1,200千円
・CTO報酬(半年分)4,000千円

予想収益

先に出資を申し出ていただいた投資企業様が急にご辞退された為事業計画のスケジュールに遅れが生じております。
マネタイズ項目は以下の通り。
・コンサルティング料(記事作成〜クラファン達成等)10万〜20万
・クラウドファンディング手数料(集まった金額の15%前後)
・プレスリリース配信料 1万〜2万/1配信
・SNS配信等オプション
・メディアを活用した地方入札案件受注
・スポンサー広告掲載

★クラウドファンディング案件についてはKPIが立てやすく
例えば1000万円の場合は、約6000万円分のクラウドファンディング案件が必要。
計画通りであれば初年度でシード投資のリクープは可能。
エグジットが可能となった際はIPOとする意向。理念の実現を目標とし事業を行っている為。

2021年1月〜2月 出資を受け開発スタート
2021年5月 サービスローンチ
2021年6月 マネタイズ化&第二次資金調達(アーリー)
2021年9月期 ¥35,000千円
2022年4月頃 第三次資金調達(シリーズA)
2022年9月期 ¥150,000千円
2023年4月頃 第4次資金調達(シリーズB)
2023年9月期 ¥400,000千円
2024年9月期 ¥650,000千円
2025年9月期 ¥1,000,000千円達成

事業計画書等資料

添付資料はありません ※資料のダウンロードにはログインが必要になります。
いいね! 面接希望

投票はログインをした状態でのみ可能です。
資料のダウンロードは「詳細希望」としてカウントされます。

ページトップへ